ロードレース

2020年のツール・ド・フランスは予測不能!ダン・マーティンも称賛。

ロードのシーズンも時期に終わり、選手はそれぞれオフに入ったり、メディアの仕事をしたり、シクロシーズンに入る選手もいる。 いずれにせよ、直接的なロードレースは春までお休みだけど、UCIやチーム首脳陣などはここから仕事が始まる。 15日に、来年のツー…

ロードレースで先導車についていった結果www→なぜか湖に着きましたが私は元気です。

ツール・ド・フランスを見ていると、日本ではあまり見ない光景を見ることができる。 ラウンドアバウト、環状交差点。 丸い形の交差点で車の場合は、左から回って行くことになる。 しかし、ロードレースの場合ではそんなルールはなく左右から二手に分かれて進…

カヴェンディッシュ、ガビリア…今年不振だった選手を紹介。ワールドツアーレースは残り2つ。

残り少なくなってきた、ロードレースシーズン。 ワールドツアーレースは残り2戦、イル・ロンバルディアとツアー・オブ・広西を残すのみとなった。 ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャなどのステージレースや、クラシックレース、世界選手権な…

バーレーン・メリダ来季GMのエリングワース。ロハン・デニスの離脱に失望。

現在、ロードレース市場で最も多くの予算を組んでいるのが、Team Ineos。 Skyという巨大なスポンサーが撤退してしまったことで、一時はチームの存続も危ぶまれた。 けれど、代わりに化学メーカーのIneosをスポンサーに獲得して、逆に予算をさらに増額するほ…

選手を襲うロードレースのバリア(障壁)についてトレンティンが提言。

サイクルロードレースは、その身軽さ故に身体は傷つきやすい。 たった一瞬の油断で、命を落とすこともある。 例えば山岳の下りは、100km/hに達することもある危険な区間。 直ぐ側にある崖から落ちたら、ひとたまりもない。 土曜日に行われたユーロメトロポー…

【パンチャー列伝】スプリンター同士の熱い戦い。熱い気持ちはプレイで見せてくれという名言があってですね…。

ロードレースファンの中には、レースだけでなくその中で起こる人間模様を楽しむ人もいる。 例えば、自チームのエースが勝ってガッツポーズしている姿だったり、戦略の違いで前を牽いてくれないことにイライラしている選手だったり。 そんな中でも、特にエキ…

ハンマーシリーズ香港がデモの影響で中止に。そもそもこのデモはなぜ起きたのか?

ロードレースでは、しばしばその土地での反対運動などが起きて、警察が介入したりレースが中止になったりする。 一昨年だか昨年だかのツールでも、現地の農家が抗議運動を起こして警察が催涙弾を打つという自体が起こった。 ちなみにその催涙弾の残滓を受け…

Marion SicotのEPO(ドーピング)問題の続報。ジュリアン・アラフィリップはとばっちり。

2週間前くらいの記事で、ある選手のドーピング問題について取り上げた。 その選手とは、女性ライダーのMarion Sicot。 www.settsuxan.com そんな彼女の、ドーピングの続報があった。 情報源:Sicot B-sample confirms positive test for EPO | Cyclingnews …

23歳のマッズ・ペデルセン(デンマーク)が完走46人の大荒れのレースを制し世界チャンピオンに!

水たまりスイミングプールやサポートカーの不在問題など、ハプニングに事欠かなかったUCIロード世界選手権。 そのフィナーレとして最終日、日曜日に男子エリートのロードレースが開催された。 そして例に漏れず問題が発生。 まさに生き残りをかけたサバイバ…

新城幸也がバーレーン・メリダと契約更新!4年目に突入。ロードレーサーの厳しい現実も。

この記事を執筆している今、まさに世界選手権が行われているわけだけど、ヨークシャーでの世界選手権で、実質的にロードレースのシーズンは終了する。 そして、この時期になると焦りだす選手も出てくる。 何にって?そら契約よ。 情報源:新城幸也がバーレー…

さいたまクリテリウムの出場選手が決定!フルーム、バルベルデ、マイヨ・ジョーヌのあの人も!

熱い戦いが繰り広げられたツールドフランスが終わってから早2ヶ月。 この時期になるとアレが始まる。 そう、ツールドフランスさいたまクリテリウム。 さいたまクリテリウムは、2013年のツール100回を記念して開催されたもので、クリテリウムとして初めて「ツ…

UCI世界選手権ロードジュニアでハプニング発生!泣きながらコースを歩く事態に。

今年のUCI世界選手権は、昨日の記事で書いたTTコーススイミングプール事件というハプニングから始まった。 タイムトライアルは無事(?)に終わり、ロードレースが始まったが、ジュニアのレースでまたもやハプニングが発生。 ある選手が悲しみの涙を流す事態…

世界選のタイムトライアルがスイミングプールに!?ヘイリー・シモンズは運営に不満。

UCI世界選手権がイギリスのヨークシャーで始まってからというものの、天気は大荒れ。 元々イギリスは普通の雨程度なら傘をささないほど、高い頻度で雨が降る。 今回も例によって、いやそれよりもひどい雨で場所によっては冠水が起きるほど。 おかげで、タイ…

不用意に設置されたバナーで傷ついたヴァン・アールト、ツール主催(ASO)に賠償金を請求するらしい。

ツール・ド・フランスは、世界最高峰のロードレースであるけど、それだけにその運営にも最高が求められる。 しかし観客がこれほどまでに近いスポーツで、コントロールするのは難しく、観客とぶつかったり、道を塞いだりして、選手から厳しい意見が飛んでいる…

女性ライダーのMarion SicotがEPO(ドーピング)陽性。女性のアノ日が関係あるかも?

ロードレースといえば、ドーピング。 これはいまや世界の一般常識で、ツール・ド・フランスが行われているフランスでも、興味ない人はこの認識である。 一番有名になったランス・アームストロング以降、数々の名選手がドーピングで有罪判決を受けた。 そのた…

ミケル・ランダとワウト・ポエルスがバーレーンメリダに移籍。一体なぜ?

モビスターに所属しているミケル・ランダが、来シーズンからバーレーン・メリダに移籍すると発表した。 キンタナといいカラパスといい、モビスターはエース級の選手が次々と移籍を発表していく。 なぜランダは移籍を決めたのか? 情報源:Mikel Landa ready …

ブエルタで落車したトニー・マルティン、世界選手権出場に前向き。スペイン代表も決定。

以前この記事でも書いたように、ブエルタ第19ステージで、メイン集団で落車が発生した。 www.settsuxan.com その落車に乗じてモビスターがアタックを仕掛けて、一時批判の対象となった。 今回は、その時に落車してリタイヤした、トニー・マルティンの話。 情…

エガン・ベルナル、ヴィンチェンツォ・ニバリ、ミカル・クウィアトコウスキーが世界選を欠場。

今年最後のグランツール、ブエルタ・ア・エスパーニャが終わって、残る大きいレースは世界選手権のみとなった。 今回の世界選手権は、イギリスはヨークシャーで行われ、気になる男子エリートは9月29日に行われる。 すでに、何カ国かはメンバーが決定しており…

【ブエルタ】39歳アレハンドロ・バルベルデの挑戦。【おまけ】タオ・ゲオゲガンハートの悲哀。

惜しくも総合優勝を逃したけど、世界チャンピオンらしい走りを見せて、スペイン人を熱狂させたモビスターのアレハンドロ・バルベルデ。 でも、当初の予定では総合順位は狙わないはずだった。 カラパスの怪我によって、アシストになるはずだったキンタナとバ…

ブエルタ2019、勝ったのはこの人…!総合2位と3位は今大会最年長&最年少。

2019年のブエルタも、もうすぐ終りを迎える。 今回は、例年よりも特に攻撃が激しいブエルタだった。 コース設定の影響か、今年は第2ステージから総合争いがスタート。 総合勢が、逃げに乗って積極的にタイム差を作ろうとするような熱い攻防が続いた。 日によ…

【ブエルタ】Movistarが落車に乗じてアタック!それに悪の軍団アスタナのロペスが痛烈批判!

昨日のステージは、展開目まぐるしい今回のブエルタの中でも、大きな波紋を呼んだステージになった。 結果としてはタイムを失わず、ログリッチェの総合優勝への盤石さが伺えたが、問題は途中の集団落車で起こった。 情報源:Movistar and López issue apolog…

ロードレースも男女平等へ!?カリフォルニア州で男女で平等な報酬を要求する法案が署名される。

昨今の、多様性を認める社会の中で男女平等は広がりつつある。 女性が社会進出を果たし、責任ある立場になっていく中、ついにロードレース界にもそれが進出してきた。 アメリカカリフォルニア州で、AB 467、通称「平等なプレーのための平等な賃金」という議…

アスタナのミゲル・アンヘル・ロペスが10秒のペナルティを受ける。一体なぜ?

ブエルタもいよいよ終盤に入った。 今の所、総合本命はユンボのログリッチェ。 クライスヴァイクという強力なアシストを欠きながら、全く隙を見せない。 昨日のステージで注目を集めたのは、キンタナとロペス。 1人は歓喜、1人は悔しい1日となった。 情報源…

ツールをリタイヤしたロハン・デニス。今度はロード世界選TTチャンピオン防衛を狙う。

バーレーン・メリダに所属するロハン・デニス。 彼は、今年のツールでニバリのアシストとして出場し、TTステージでの優勝も狙える期待のかかった選手だった。 しかし、突然のリタイヤで話題を集めた。 そんなデニスが、今月後半から行われるロード世界選手権…

ツールで落車した元シクロチャンピオンヴァン・アールト。また自転車に乗り始める。

今年のツールで、最も期待されていたと言っても良い、ワァウト・ヴァン・アールト。 そんなヴァン・アールトは、第13ステージのタイムトライアルで落車。かなり大きな怪我をしてまだリハビリ中。 今回は怪我の続報。 情報源:Van Aert uses an e-bike for fi…

次世代スプリンターカレブ・ユアンがツール以来の勝利で、シーズン10勝目を挙げる。

ツール・ド・フランスで最も華やかな栄誉は、総合優勝のマイヨ・ジョーヌ。黄色のジャージ。 今年は、エガン・ベルナルが獲得したね。 そして、それに負けず劣らず注目されるのが、スプリンターの栄誉、マイヨ・ヴェール。緑のジャージ。 今年はというか、今…

クリス・フルームがナイフで指をザックリ!またまた手術で数週間のストップ。

全グランツール制覇者であり、ツール・ド・フランスを4度制しているクリス・フルーム。 186cmの長身から繰り出される高速ペダリングは、ライバルを山で引き離す。 今回は、そんなフルームの怪我の続報。 ちょっと悪いニュース。 情報源:Chris Froome’s reco…

車にはねられて5回の手術を受けたポッツォヴィーヴォの経過は?

現在ブエルタでは、日本人の新城幸也が12回目のグランツール出場を果たしている。 所属チームは、バーレーン・メリダ。 新城がアシストしているエースは、ディラン・トゥーンス。 でも、本来なら別の選手がエースになる予定だった。 それは、ドメニコ・ポッ…

ジロ覇者のカラパス、イギリスに入国できずツアー・オブ・ブリテンを欠場。理由は?

海外旅行に必要なものと言ったらなんだろうか。 一番最初に思いつくのは、パスポートだと思う。 しかし、これだけでは入国できない国もある。 そんな国には、ビザが要る。 ビザ(査証)とは、その人物のもつパスポートが有効であり、国への入国・出国を許可…

ナイロ・キンタナがArkéa-Samsic、リチャール・カラパスがTeam Ineosに移籍が確定。

現在、ブエルタで総合エースとして走っているナイロ・キンタナと、2019年ジロ制覇者のリチャール・カラパスの移籍が確定した。 情報源:Quintana and Carapaz transfers confirmed, Soler apologizes: Daily News Digest | CyclingTips ナイロ・キンタナは?…