ブエルタで落車したトニー・マルティン、世界選手権出場に前向き。スペイン代表も決定。

以前この記事でも書いたように、ブエルタ第19ステージで、メイン集団で落車が発生した。 www.settsuxan.com その落車に乗じてモビスターがアタックを仕掛けて、一時批判の対象となった。 今回は、その時に落車してリタイヤした、トニー・マルティンの話。 情…

エガン・ベルナル、ヴィンチェンツォ・ニバリ、ミカル・クウィアトコウスキーが世界選を欠場。

今年最後のグランツール、ブエルタ・ア・エスパーニャが終わって、残る大きいレースは世界選手権のみとなった。 今回の世界選手権は、イギリスはヨークシャーで行われ、気になる男子エリートは9月29日に行われる。 すでに、何カ国かはメンバーが決定しており…

【ブエルタ】39歳アレハンドロ・バルベルデの挑戦。【おまけ】タオ・ゲオゲガンハートの悲哀。

惜しくも総合優勝を逃したけど、世界チャンピオンらしい走りを見せて、スペイン人を熱狂させたモビスターのアレハンドロ・バルベルデ。 でも、当初の予定では総合順位は狙わないはずだった。 カラパスの怪我によって、アシストになるはずだったキンタナとバ…

ブエルタ2019、勝ったのはこの人…!総合2位と3位は今大会最年長&最年少。

2019年のブエルタも、もうすぐ終りを迎える。 今回は、例年よりも特に攻撃が激しいブエルタだった。 コース設定の影響か、今年は第2ステージから総合争いがスタート。 総合勢が、逃げに乗って積極的にタイム差を作ろうとするような熱い攻防が続いた。 日によ…

【ブエルタ】Movistarが落車に乗じてアタック!それに悪の軍団アスタナのロペスが痛烈批判!

昨日のステージは、展開目まぐるしい今回のブエルタの中でも、大きな波紋を呼んだステージになった。 結果としてはタイムを失わず、ログリッチェの総合優勝への盤石さが伺えたが、問題は途中の集団落車で起こった。 情報源:Movistar and López issue apolog…

ロードレースも男女平等へ!?カリフォルニア州で男女で平等な報酬を要求する法案が署名される。

昨今の、多様性を認める社会の中で男女平等は広がりつつある。 女性が社会進出を果たし、責任ある立場になっていく中、ついにロードレース界にもそれが進出してきた。 アメリカカリフォルニア州で、AB 467、通称「平等なプレーのための平等な賃金」という議…

アスタナのミゲル・アンヘル・ロペスが10秒のペナルティを受ける。一体なぜ?

ブエルタもいよいよ終盤に入った。 今の所、総合本命はユンボのログリッチェ。 クライスヴァイクという強力なアシストを欠きながら、全く隙を見せない。 昨日のステージで注目を集めたのは、キンタナとロペス。 1人は歓喜、1人は悔しい1日となった。 情報源…

ツールをリタイヤしたロハン・デニス。今度はロード世界選TTチャンピオン防衛を狙う。

バーレーン・メリダに所属するロハン・デニス。 彼は、今年のツールでニバリのアシストとして出場し、TTステージでの優勝も狙える期待のかかった選手だった。 しかし、突然のリタイヤで話題を集めた。 そんなデニスが、今月後半から行われるロード世界選手権…

ツールで落車した元シクロチャンピオンヴァン・アールト。また自転車に乗り始める。

今年のツールで、最も期待されていたと言っても良い、ワァウト・ヴァン・アールト。 そんなヴァン・アールトは、第13ステージのタイムトライアルで落車。かなり大きな怪我をしてまだリハビリ中。 今回は怪我の続報。 情報源:Van Aert uses an e-bike for fi…

次世代スプリンターカレブ・ユアンがツール以来の勝利で、シーズン10勝目を挙げる。

ツール・ド・フランスで最も華やかな栄誉は、総合優勝のマイヨ・ジョーヌ。黄色のジャージ。 今年は、エガン・ベルナルが獲得したね。 そして、それに負けず劣らず注目されるのが、スプリンターの栄誉、マイヨ・ヴェール。緑のジャージ。 今年はというか、今…

クリス・フルームがナイフで指をザックリ!またまた手術で数週間のストップ。

全グランツール制覇者であり、ツール・ド・フランスを4度制しているクリス・フルーム。 186cmの長身から繰り出される高速ペダリングは、ライバルを山で引き離す。 今回は、そんなフルームの怪我の続報。 ちょっと悪いニュース。 情報源:Chris Froome’s reco…

車にはねられて5回の手術を受けたポッツォヴィーヴォの経過は?

現在ブエルタでは、日本人の新城幸也が12回目のグランツール出場を果たしている。 所属チームは、バーレーン・メリダ。 新城がアシストしているエースは、ディラン・トゥーンス。 でも、本来なら別の選手がエースになる予定だった。 それは、ドメニコ・ポッ…

ジロ覇者のカラパス、イギリスに入国できずツアー・オブ・ブリテンを欠場。理由は?

海外旅行に必要なものと言ったらなんだろうか。 一番最初に思いつくのは、パスポートだと思う。 しかし、これだけでは入国できない国もある。 そんな国には、ビザが要る。 ビザ(査証)とは、その人物のもつパスポートが有効であり、国への入国・出国を許可…

ヨーロッパで屋内サイクリングが注目を集める。ZwiftやWahooなどが新製品を発表。

今年の日本は、比較的冷夏でサイクリストにとっては走りやすい気候だったと思う。 しかし、欧州では不安定な気候や連日の猛暑で、ヨーロッパのサイクリストにとっては最悪な環境だった。 そんな欧州では、屋内サイクリングが注目を集めているという。 情報源…

キンタナ、ログリッチェ、ロペス、バルベルデの2回目のタイムトライアルの結果は?

第2ステージから総合争いが始まるという、ここ最近では最も激しいブエルタ。 日曜日までの第1週で、落車などのトラブルが有りながら、4人の選手が総合争いで熾烈な戦いを繰り広げている。 昨日のタイムトライアルでは、4人の総合選手としてのTT能力の差がモ…

ナイロ・キンタナがArkéa-Samsic、リチャール・カラパスがTeam Ineosに移籍が確定。

現在、ブエルタで総合エースとして走っているナイロ・キンタナと、2019年ジロ制覇者のリチャール・カラパスの移籍が確定した。 情報源:Quintana and Carapaz transfers confirmed, Soler apologizes: Daily News Digest | CyclingTips ナイロ・キンタナは?…

不運なエステバン・チャベス。メカニックトラブルで総合勢に大きく遅れを取る。

ツールでは、エガン・ベルナルがコロンビア人として初の総合優勝を成し遂げた。 そしてブエルタでも、キンタナ、ロペスなどのコロンビア人が第1週から躍動している。 コロンビア応援団の熱気も高まる中、1人のコロンビア人が第9ステージで窮地に立たされた。…

落車でツールを逃したクリス・フルームは順調に回復。2ヶ月ぶりに屋外ライドへ。

去年の雪辱を胸に、ツールに向けて調整を続けたクリス・フルーム。 しかし、運に見放されたフルームは、ツール前哨戦のクリテリウム・ドゥ・ドーフィネの試走中に落車。 ツールが目の前に迫っていながら、みすみす逃すことを余儀なくされてしまった。 情報源…

ツール・ド・フランス制覇者のヤン・ウルリッヒが暴行事件を起こして罰金を科される。

ロードレースは、日本では弱虫ペダルなどの影響で、最近になって人気になってきたスポーツ。 しかし、ベルギー、フランスなどロードレースが昔から盛んな欧州では、年々人気が落ちてきているらしい。 理由はドーピング。 過去7回ツール・ド・フランスを制し…

ブエルタ第6ステージで大規模な落車。ウラン、ヴァンガーデレンなどEFは一気に3人を失う。

今年のツールは、例年は目立たないフランス人が大活躍した。 アラフィリップ然り、ピノ然り。 そしてブエルタでも、同じようなことが。 ロペス、キンタナ、バルベルデ、デラクルスなど、スペイン語圏の選手が総合上位に。 しかし、そんなブエルタで大規模な…

バルベルデのジャンプアップでMovistarのブエルタリーダー論争が白熱。

現世界王者のアレハンドロ・バルベルデは、現在39歳の大ベテラン。 ロードレースは競輪などに比べて、持久力や心肺機能が重要視される競技だから、この歳で第一線のトップを張れるというのは凄まじいこと。 でも、今回のブエルタではシーズンの疲れもあり、1…

ブエルタ第4ステージで頭突きをしたとしてマックス・ヴァルシャイトが降格処分に。

昨日のブエルタ第4ステージは、平和に進んだ。 数少ないスプリンターのためのステージで、山場は途中の3級山岳のみ。 ユンボのクライスヴァイクが出走しなかったこと以外は、何の問題もなくレースが始まり、最後はヤコブセンが鼻差で勝利をもぎ取った。 でも…

Team Ineosのゲオゲガンハートとポエルスが早くも総合争いから脱落。代わりの総合エースは?

Team Ineosといったら、圧倒的な資金力でロード界を席巻する帝王。 世界最大規模の自転車レース、ツール・ド・フランスでは、ここ8年で7回も勝っている。 でもその栄光とは対象的に、今行われているブエルタ・ア・エスパーニャでは、第2ステージにしてすでに…

第2ステージも熱い展開のブエルタ。キンタナの平坦アタックで総合争いに動きが。

一昨日始まったブエルタは、第1ステージから3チームが同じコーナーで滑るという波乱の幕開けとなった。ちなみに1チームはチームカー。 そして第2ステージも、普段ロードレースを見るものとしては熱すぎるラストが待っていた。 まさかの平坦アタック フィニッ…

ログリッチェ、クライスヴァイクなどJumbo-Visma勢が初日から落車。一体なぜ?怪我人は?

ツールに引き続き、強力な布陣でブエルタに挑んだJumbo-Visma。 初日のチームタイムトライアルでは、優勝候補筆頭だった。 けど現実は厳しい。 ログリッチェが濡れた路面で転倒、そのまま集団落車に陥った。 情報源:Jumbo-Visma's hopes dashed by crash in…

ジロ覇者カラパスの欠場によって戦略の変更を余儀なくされたMovistar。エースはどうなるか?

ジロ覇者のカラパス、キンタナ、そして世界チャンピオンのバルベルデ。 ここ最近では、最強とも言える布陣でブエルタに臨もうとしたモビスターだが、ここに来てカラパスが怪我で戦線離脱。 モビスターのエースはどうなるのか? 情報源:Quintana guarded on …

フアン・ホセ・コーボがドーピングのためクリス・フルームが2011年ブエルタ総合優勝者に。

クリス・フルームといえば、現役最多のツール4勝を挙げている最強のイギリス人。 34歳になった今年は、怪我でシーズンを棒に振る形になって、史上最多の5勝クラブ入りを逃した。 そんなフルームにとって、栄誉あるニュースが飛び込んできた。 情報源:Chris …

モビスターのカラパスが予想通りブエルタ出場を回避。代わりはホセ・ホアキン・ロハス。

今日の記事で、モビスターのカラパスがブエルタを欠場する可能性があると書いた。 www.settsuxan.com そして予想通り、明日から行われるブエルタには出場しないとのこと。取り急ぎ。 情報源:Carapaz ruled out of Vuelta a Espana | Cyclingnews.com 代わり…

モビスターのカラパスと、イネオスがエリッソンドからデラクルスへブエルタメンバー変更。

続々とブエルタ・ア・エスパーニャ2019のメンバーを発表しているチームが出てきている中、イネオスとモビスターのメンバーが変わる可能性が出てきた。 情報源:Elissonde replaced by De la Cruz in Team Ineos' Vuelta a Espana line-up | Cyclingnews.com …

Team Ineosのブエルタメンバーが決定!総合エースはゲオゲガンハートとポエルス。

Team Ineosは、ツール・ド・フランスでは、いつものようには行かなかったにせよ盤石の走りを見せて、ここ8年で7度目のマイヨ・ジョーヌを獲得した。 そんなイネオスのブエルタメンバーが決定した。 情報源:Geoghegan Hart and Poels lead Ineos at the Vuel…