Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

ツール・ド・フランス制覇者のヤン・ウルリッヒが暴行事件を起こして罰金を科される。

f:id:settuxan:20190831215613j:plain

ロードレースは、日本では弱虫ペダルなどの影響で、最近になって人気になってきたスポーツ。

 

しかし、ベルギー、フランスなどロードレースが昔から盛んな欧州では、年々人気が落ちてきているらしい。

 

理由はドーピング

過去7回ツール・ド・フランスを制したランス・アームストロングが、ドーピングを認めて記録が剥奪されたことで、ロードレース界の権威は失墜した

 

今回の記事は、過去にそんなドーピングをやらかした選手のニュース。

 

情報源:Ullrich fined for assault of escort in Germany | CyclingTips

 

ヤン・ウルリッヒ

f:id:settuxan:20190831215903j:plain

ヤン・ウルリッヒは、1997年ツール、1999年ブエルタ総合優勝者。

 

他にもオリンピック金メダリストになったり、世界選手権で優勝するなど輝かしい実績を残してきた。

 

しかし、2006年に起きたオペラシオン・プエルトという、ドーピング摘発作戦によってドーピング疑惑が浮上。

 

このオペラシオン・プエルトは、選手の血液を事前に採取して競技直前に身体に戻すという、血液ドーピングを摘発したもの。

 

関係していた選手は、50人以上が公表されて中にはバルベルデなど、今なお活躍する選手も居た。(本人は否定)

 

ウルリッヒはこの事件の中心とも言える人物で、物的証拠が次々摘発されて、チームを解雇される。

さらにプロライセンス再発行を拒否されて、そのまま引退にまで追い込まれた

 

暴行事件

f:id:settuxan:20190831215915j:plain

そんなウルリッヒは2018年8月に、ドイツのフランクフルトのホテルで、Escortを暴行したとして、罰金を科された。

 

Escortは辞書によると、客の家・自宅・ホテルなどにおいて、有料で客と一緒に時間を過ごす人。通例、売春行為が含意される、らしい。つまり日本でいうデリヘルな。

 

ウルリッヒは行為が終わった後、サービスの質が悪かったとして、600ユーロ(7万円)の支払いの返還を求めた。たっか。

 

検察官によると、女性が逃げようとした時に、喉を掴んで壁に押し付けた後、首を絞めたという。

 

その時、ウルリッヒは薬物(コカインとアンフェタミン)とアルコールの依存状態だったらしい。

 

首絞めが命を危険に晒すものではなかったため、殺人未遂の罪はつかなかった。

 

女性には、血腫と運動障害が残った。

 

その後

f:id:settuxan:20190831215943j:plain

ウルリッヒは、謝罪と7,200ユーロ(84万円)の罰金を科されたらしい。

 

ドイツのビルト紙によると、ウルリッヒはホテルでの事件の1ヶ月後には、フロリダのアルコール・薬物のリハビリテーションクリニックに入所したという。

 

そして、治療中にかつてのライバルである、前述のランス・アームストロングが訪問してきたらしい。

 

同じ、やらかしてしまった選手同士、わかることも合ったんだろうか。

 

 

↓ よかったらクリックしてね

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村