Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

【ヴィンチェンツォ・ニバリ】ツール・ド・フランス目玉選手解説3 【海峡のサメ】

ツール・ド・フランスまで後もう少し!

 

前回は、最強スプリンター、ペーター・サガンについて解説していきました。

www.settsuxan.com

 

今回は、史上6人目の全グランツール制覇者ヴィンチェンツォ・ニバリです。

 

 

ヴィンチェンツォ・ニバリ

f:id:settuxan:20190620002653j:plain

ニバリは、1984年生まれの34歳。

イタリアは、メッシーナ出身のロードレーサーです。

 

愛称は、その獰猛な走りから、海峡のサメ (lo squalo dello Stretto)と呼ばれています。

 

チームは、バーレーン・メリダに所属しており、来年からは、トレックに移籍が決定しています。

 

日本人の新城幸也とチームメイトで、残念ながら、新城は怪我の影響でツールには出ませんので、新城ファンはニバリの優勝を願うばかりでしょう。

 

タイプとしては、典型的なオールラウンダーで、Ineosのフルームと同じく、登り・タイムトライアルどれも隙がありません。

 

フルームという最強の壁が居なくなった今、優勝候補大本命といっていいでしょう。

 

グランツール

ジロ・デ・イタリア2回、ツール・ド・フランス1回、ブエルタ・ア・エスパーニャで1回と全グランツール制覇者です。

 

これは、2018年までのシーズンで、歴代7人しか達成していません

2014年にニバリが達成し、2018年にフルームが達成しました。

 

2014年のツールドフランスでは、昨年優勝者のフルームと2度の優勝経験があるコンタドール、そして昨年のジロ・デ・イタリア優勝者のニバリの三つ巴が予想されました。

 

しかし、フルームが石畳で落車し骨折、コンタドールも山岳下りで落車し骨折でリタイヤ。

 

その結果、区間優勝を4度もしたニバリが、2位と7分以上もの大差で総合優勝しました

f:id:settuxan:20190620002810j:plain
 

昨年のツール 

この年も、優勝候補の一角としてレースに参戦していました。

 

第11ステージまででトップから59秒遅れという上々の結果でしたが、翌日の第12ステージ。

 

悲劇が起こりました。

 

落車です。

 

 

観客で道幅が狭いコースでニバリのバイクが、観客の持つカメラのストラップに引っかかり、 落車しました。

 

落車してからもバイクに飛び乗り、必死の追走でメイン集団に追いつくほどの走りをしました。

 

ゴール後すぐに病院に運ばれましたが、結果は、胸椎の椎体骨折という重症でした。

 

この結果ニバリはツールから去ることになりました。

 

ニバリはこの落車について、

「警察のオートバイが2台居た。その場所にはバリアが無く、フルームがアタックしたときについていった。調子が良かった。そして(前が)スローダウンして、僕は転んでいた。何があったか分からなかった」

 

とレース後に話しました。

f:id:settuxan:20190620003007j:plain
 

今年のツール 

年齢的にも、今年がツール制覇の最後のチャンスかも知れません。

 

フルームもいない、昨年2位のデュムランも本調子でない今回は、かなり勝機があります。

 

あとは、アシストがどれだけ役に立ってくれるかが鍵になってきます。

 

バーレーン・メリダで走る最後の年ですから、悔いのない走りをしてほしいですね。

f:id:settuxan:20190620003105j:plain
 

 

↓ よかったらクリックしてね

にほんブログ村 自転車ブログへ