Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

クリス・フルームがナイフで指をザックリ!またまた手術で数週間のストップ。

f:id:settuxan:20190908230458j:plain
全グランツール制覇者であり、ツール・ド・フランスを4度制しているクリス・フルーム

 

186cmの長身から繰り出される高速ペダリングは、ライバルを山で引き離す。

 

今回は、そんなフルームの怪我の続報。

ちょっと悪いニュース

 

情報源:Chris Froome’s recovery not restricted by latest surgery | Cyclingnews

 

フルームの怪我

f:id:settuxan:20190908230402j:plain

フルームは、何度か記事で書いたように、ツールに向けた前哨戦として走っていたドーフィネの試走で、下りの途中で落車して大怪我を負った。

 

股関節、肘、胸骨、脊椎骨、大腿骨、その他いくつかの骨が骨折するという選手生命も危ぶまれる事故。

 

当然、ツールには出られず、当面の目標は来年のツールを勝ち取ることとなった。

 

術後の経過は良好で、予測よりも早く回復が進んでいると答えた。

 

最近、2ヶ月ぶりに屋外でライドをしたという。

 

www.settsuxan.com

 

笑える?失敗

f:id:settuxan:20190908230336j:plain

そんなフルームは、この週末でまた手術をした。

手の腱を損傷して、それを修復する手術をしたらしい。

 

また落車したのか?と思う人もいるだろう。

 

原因は、ナイフで親指を切ったから。

なんとも間抜けなチャンピオン。

 

バイクの扱いは上手でも、包丁の扱いは下手だった。

 

“Stupidly cut my thumb with a kitchen knife and had to have surgery to put the tendon back together last night.Stuck giving a thumbs up for a couple of weeks,"

愚かにも親指を包丁で切って、昨晩腱を元に戻す手術が必要でした。数週間親指を使えずにに立ち止まる事になった。

 

今後のフルーム

f:id:settuxan:20190908230514j:plain

Ineosのスポークスマンによると、このナイフ騒動はリハビリ計画を変更させることはない模様。

 

思わぬ休暇が与えられたけど、フルーム本人としてはやっちまったな感が巨大だと思う。

 

本人のツイッターの文章も、やっちまったな感が見え隠れする感じで、笑いに昇華できてるのかな?

 

 

ツールまでは10ヶ月もあるしまだまだ大丈夫。

 

問題は、トーマス、ベルナル、カラパスのいる来年のチームでエースになれるかどうか…。

 

↓ よかったらクリックしてね 

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村