Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

カヴェンディッシュがポローニュをリタイヤ、一体なぜ?今後のレース予定も。

f:id:settuxan:20190809123020j:plain

現役スプリンターとして、グランツールで最も多くステージ優勝を上げているのが、ディメンションデータのマーク・カヴェンディッシュ

 

そのカベンディッシュが、現在参戦しているツール・ド・ポローニュをリタイヤした。

 

それはなぜか?

 

情報源:Cavendish quits Tour de Pologne for European Road Race Championships | Cyclingnews.com

 

ヨーロッパ選手権に向けて

f:id:settuxan:20190809123045j:plain

カベンディッシュは、日曜に行われるヨーロッパ選手権ロードレース男子で、イギリス代表メンバーに入っている。

 

そして、そのための調整という意味合いもあり、ポローニュに参戦していた。

 

第1ステージで軽い落車もしたが、大きな怪我もなく第3ステージでは6位を取るなどまずまずな結果。

 

そして、第6ステージからは多少の山岳があるステージ。

ピュアスプリンターのカベンディッシュにとっては、あまり意味のないステージ

 

だからリタイヤしたというわけ。

 

今後のレース

f:id:settuxan:20190809123114j:plain

カベンディッシュは、過去2年間「キス病」というものに悩まされてきた。

 

キス病とは?これ。

エプスタイン・バール・ウイルス(Epstein-Barr virus)とは、ヘルペスウイルス科に属するウイルスの一種。

EBウイルス(以下EBVと略記)は、いわゆる「キス病」と言われる伝染性単核球症の原因ウイルスとして有名である。日本では成人までに90%〜ほぼ100%の人が唾液や性分泌液等を介してEBVに感染する[注釈 1]。巧妙に潜伏、また時に応じて再活性化を来たして維持拡大を図るため、ウイルスは終生にわたって持続感染し排除されない[注釈 2]。

またEBVは腫瘍形成に関わる腫瘍ウイルス(癌ウイルス)としても知られ、種々の悪性リンパ腫・胃癌・上咽喉癌・平滑筋肉腫・唾液腺癌といった種々の癌を引き起こすことも知られている[1]。最近では乳癌を引き起こすことができることも示されている[注釈 3]。

日本においてはEBVは、人気声優の松来未祐が慢性活動性EBウイルス感染症によって死亡し、マスコミで取り上げられたことにより広く知られた[4][5][6]。

wikipediaより引用。

詳しくは調べてね。

 

いろんなガンなどを引き起こすウイルスに感染していたわけ。

しかも治療法も確立されていない

 

だから、ここ2年ほどはレースに参加できなかった。

 

今年に入ってからそれがほぼ完治。

今シーズンは、ヨーロッパ選手権に重心を傾けてるのかも。

 

ただ、これ以降大きなレースに出ることはないじゃないかな?

ブエルタに参戦するには調整が足りないしね。

 

ディメンションデータのAlex Sans Vegaは、

 

“He's been very focused on the race, and little by little, things are picking up.He's still needing more race rhythm but I think it's been very good for his form to be here.

 

訳:カベンディッシュは、レースに集中していて少しずつ状況が改善されている。まだより多くの時間を必要とするが、彼がここにいることはとてもいいことだ。

 

とコメントしている。