Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

サイクリングにおける補給食を徹底解説!おすすめ補給食も紹介!

サイクリングは、軽く30キロ、40キロ走ってしまうものです。

 

ときには、100キロ以上走ることもしばしば。

そんな距離を走ると、カロリーの消費も激しいものです。

  

今回は、そんな時必要になる、補給食について解説していきます。

 

 

補給食とは

f:id:settuxan:20190627022758j:plain

一般的に、1時間走行していると約500kcalのエネルギーを消費すると言われています。

 

体から無くなったエネルギーを補給せずにいると、ハンガーノックと呼ばれる、低血糖状態に陥ります

パフォーマンスは大幅に低下し、健康状態にも被害が及びます。

 

それを回避するため、補給にはカロリーを豊富に含んだものを食べます。

 

過去に、ロードレーサーのフルームがハンガーノック状態に陥り、ペナルティを覚悟で、補給禁止区域で補給を行ったことがあります。

 

プロのロードレーサーでも低血糖状態には勝てません。

 

補給食の種類

f:id:settuxan:20190627023130j:plain

大きく分けて2つ種類があります。

・固体タイプ

・液体タイプ

 です。

 

液体タイプは、吸収が早いのですぐに効果が出ます。

 

レースに出る人は、消化が遅い固体タイプを序盤に摂り、消化が早い液体タイプを終盤に摂る、といった使い方をします。

 

もう一つ、液体タイプは、噛む必要がなく、摂取しやすいので緊迫した場面でも摂ることができます。

 

固体タイプは、逆に消化が遅いため、腹持ちがいいです。

 

高速で走っているときに食べるのには、あまり向いていませんが、歯応えがあり気分転換にもなるため重宝されます。

 

プロのロードレースでは

f:id:settuxan:20190627023247j:plain

長く、甘いカロリー豊富なジェルやパワーバーのようなものが採用されていました。

 

ですが、練習を含めて毎日走る選手は、同じものを食べると飽きが来ます。

 

選手は甘いパンやコーラを求めました。

 

そんな要望に答えるべく、チームスタッフが栄養バランスを考えて、メニューを考案しました。

 

ジャムパンやチョコレートや、時には甘いケーキも出てくることがあります

 

走っている間は、常に落車などの危険にさらされているため、精神が磨り減ります

 

このお菓子やパンは、そのような精神状況も変えてくれるのです。

 

おすすめ液体補給食 

Mag-on マグオン エナジージェル 

Mag-on マグオン エナジージェル おためし4味各2ケ新味計8個セット

Mag-on マグオン エナジージェル おためし4味各2ケ新味計8個セット

 

これは、Amazonで売っているジェルでは、1番か2番目に飲みやすいものだと思います。

 

味が4種類あり、甘みだけでなく適度に酸味もあり、嫌にならない味です。 

 

PowerBar GEL パワージェル

【PowerBar GEL】パワージェルおためし10個セット (各2個)

【PowerBar GEL】パワージェルおためし10個セット (各2個)

 

これは、アウトドアショップにはだいたい売っているメジャーな商品だと思います。

 

特徴としては、死ぬほど甘い。

下にドロリと感じ、しばらくは甘みが残るでしょう。

 

好き嫌いは別れますが、極度にカロリーが不足したときには、さながら麻薬のように感じることでしょう。

 

これが10個あれば、1ヶ月は行きていけると思います。

 

MEDALIST メダリスト

これも例に違わず甘いですが、パワーバージェルよりは控えめ。

 

後味すっきりで、ジェルと言うよりゼリーに近いです。

でもやっぱり甘い。

 

おすすめ固体補給食 

Clif Bar クリフバー エネルギーバー

補給食としては定番商品です。 

チョコレート味で、食感もサクサクなので口に嬉しいです。

 

説明文によると、70%がオーガニックでできているらしいです。

高タンパクで食物繊維も豊富なので栄養価もいいみたいですね。

 

ただ先程も言いましたが、食物繊維が豊富ならば、その分消化も遅くなるので食べるタイミングには注意しましょう。

 

井村屋 スポーツようかん あずき

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

 

こちらも定番ですが、クリフバーよりもかさばらないのでサイクリングには向いていると思います。

 

袋も開けやすく、食べやすいです。

 

普通におやつとして食べても美味しいです。 

 

カロリーメイト ブロック チョコレート

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個

 

全国どこでも買えるというのが魅力な食料です。

 

ただしあまりおすすめはしません。

口の水分はすぐに無くなるので、ボトルの水を使いすぎてしまうことがあります。

 

味がとても好きということがなければ、準上位互換のクリフバーを食べればいいと思います。

 

おすすめ安価な補給食 

かし原 塩羊かん

かし原 塩羊かん 10本入×2袋

かし原 塩羊かん 10本入×2袋

 

大抵のスーパーに売っていますので手軽です。

お値段も10本入って200円程度です。

 

1回のサイクリングで食べるとしても2本程度なので、5回分はあります。

 

ブラックサンダー 

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

 

クリフバー系のサクサク感が美味しいお菓子です。

1個30円と、とても安いのが特徴です。 

 

味もいいので冬はよく食べましたが、夏はチョコが溶けるので注意

 

いちごみるく 飴 

アメハマ製菓 いちごみるくメガパック (1kg×1袋)

アメハマ製菓 いちごみるくメガパック (1kg×1袋)

 

これは、どちらかと言うとカロリーではなく、メンタルに対する補給食です。

 

無心で自転車を漕ぎ続けると、集中力が途絶えてくるので、飴のように長く口に残るものを入れて、気持ちをリセットしましょう。 

 

総評 

ここまで補給食を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

 

これからは、熱中症にもなりやすくなるので、ちゃんと水分補給をしながら、カロリーを摂り、安全にサイクリングを楽しみましょう

 

↓ よかったらクリックしてね

にほんブログ村 自転車ブログへ