Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

早くもタイム差が付くチームタイムトライアル!”第2ステージ概要と注目チーム”

第1ステージはいかがだったでしょうか?

 

この記事を書いている時点ではまだ結果は出ていませんが、面白いレースだったら良かったです。

 

今日は、第2ステージの紹介と注目チームを紹介したいと思います。

 

TTT(チームタイムトライアル)

第2ステージは、チームタイムトライアルです。

 

TTTとは、チーム8人全員で走り最速タイムを競います。

各チームが5分間隔でスタートを切り、チームの前から4番目に位置する選手がゴールした時点でタイムが決まります。

 

つまり、各チーム4人が残っていれば良いわけなので、残り4人は、序盤に風よけとなって体力を使って、置いていっても大丈夫ということです。

 

第2ステージ

f:id:settuxan:20190703013915j:plain

第2ステージは、ブリュッセル王宮~ブリュッセル・アトミウムまでの27.6km。開催委員会の計算したタイムは、約30分

 

この30分に全ての力を注ぎます。

 

コースは、ほぼ平坦で途中緩やかな登りがあります。

13.2km地点と20.1km地点に中間タイム計測地点があります。

 

このコースは、完全な平坦ステージなので、Movistarなどの山岳中心メンバーが揃ったチームには、厳しいステージだと思います。

 

ユンボ・ヴィスマやボーラ・ハンスグローエなどのスプリンターや、タイムトライアルスペシャリストのいるチームに勝機があるでしょう。

 

注目チーム

Team Ineos

f:id:settuxan:20190703015011p:plain

タイムトライアルに強いフルームこそ欠いたものの、8人全員がエースを張れる逸材。

 

Junbo-Visma

f:id:settuxan:20190703015441j:plain

メンバーの、トニー・マルティンは、過去に何度も優勝経験のある、今大会屈指のタイムトライアルスペシャリスト。

 

BORA-hansgrohe

f:id:settuxan:20190703015857p:plain

サガンは言わずもがな、ブフマン、オスなど実力者揃い。

 

など。

 

今回のステージで、おそらくタイム差が付く可能性が高いでしょう。

一度タイム差が付くと取り返しにくいのがロードレース。

 

気合を入れて頑張って欲しいですね。

 

↓ よかったらクリックしてね

にほんブログ村 自転車ブログへ

 

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)