Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

初日から波乱万丈!ツール・ド・フランス第1ステージ振り返り&結果

f:id:settuxan:20190707014246j:plain

みなさん、レースは見ましたか!?

波乱万丈の第1ステージでしたね!

 

第2ステージの前に振り返っておきましょう。

 

 

 

スタート直後の逃げ

スタートは、恒例のパレードランから始まりました。

エディ・メルクスさんが旗を振り、レースがスタートしました。

f:id:settuxan:20190707001438j:plain

 

最初に飛び出したのが、この4人。

f:id:settuxan:20190707002517j:plain

  1. グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(CCC)
  2. マッズ・ウルスシュミット(TKA)
  3. ナトナエル・ベルハネ(COF)
  4. クサンドロ・ムーリッセ(WGG)

 

意外にも一発で逃げが成功しました。

私の予想では、3回は潰されると思いましたがすぐ容認されました。

 

しばらく、4人の先頭集団とメイン集団が3分程度の差で安定した状態が続きました。

 

山岳ポイント

最初のポイントは3級山岳でした。

最大斜度13度の激坂を制したのは、グレッグ・ヴァンアーヴェルマート

 

 

さすがマイヨジョーヌ着用経験者という走りで、山岳ポイントを 2ポイント獲得しました。

 

2位のムーリッセが次の山岳を1位通過しましたので、ポイント数が同点になります。

 

ですが、より高い級の山岳を取った方にジャージ着用権利がありますので、この時点でヴァンアーヴェルマートの表彰台が確定しました。 

 

中間スプリント 

段々と先頭集団とメイン集団とのタイム差が縮まっていき、中間スプリントライン直前で、吸収

 

うまくライバルの後ろに付き、ペーター・サガン(BOH)が中間スプリントを1位通過

7度目のポイント賞獲得に向けて、順調な滑り出しです。

 

 

また逃げ 

70km近く残った状態で先頭を吸収し、不安定になったメイン集団から、新たな逃げが出ました。 

 

ステファヌ・ロセット(COF)が1人でアタックを仕掛けました。 

 

 

これも、集団は容認します。

 

ここからロセットの長い逃げが始まりました。

 

フグルサングが落車 

残り17km地点でメイン集団が落車。

 

 

中でもひどい怪我は、ヤコブ・フグルサング

 

 

頭から流血してしまいます。 

ここからメイン集団への復帰を目指して、チームメイトと協力します。

 

メイン集団が吸収 

長く1人で逃げていたロセットですが、残り10km地点でメイン集団が吸収

 

メイン集団は、ここからスプリントに備えて、激しい位置取りを始めます。

コーナーでは、落者の危険性が高くなります。 

 

先程落車したフグルサングは、残り5km地点でメイン集団に復帰しました。 

 

また落車 

残り2km地点で、メイン集団で落車が発生しました。

フルーネウェーヘントーマスが巻き込まれます。

 

 

この落車の影響で、ステージ優勝候補のフルーネウェーヘンがスプリントから脱落。

 

落車による重大な怪我は報告されていません。 

 

注目のスプリント決戦 

落車によって中切れになり、集団の前の方に居た選手のスプリントとなりました。

 

こちらもサガンの位置取りがいい感じでしたが、仕掛けが早すぎたのか、失速気味。

 

 

横からすっと出てきたマイク・テウッセン(TJV)が勝利

生涯でも一番の勝利でしょう。 

f:id:settuxan:20190707011323j:plain

 

サガンは、惜しくも2位。 

 

総合成績&表彰台 

f:id:settuxan:20190707014207j:plain

ステージ優勝&総合トップ

第1ステージは、見事波乱のスプリントを勝ち抜いたマイク・テウッセンが勝利!

 

 

 

テウッセンは、総合ランキングトップが着るマイヨジョーヌと、ポイント賞のマイヨ・ヴェールを着用。

 

今日は、黄色のジャージを着て走ります。

 

山岳賞

今大会最初の山岳を取ったグレッグ・ヴァンアーヴェルマートが、山岳賞のマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュを獲得。

 

 

今日は、この水玉ジャージを着て走ります。 

 

新人(ヤングライダー)賞 

25歳以下の総合トップに与えられるマイヨ・ブラン。

 

第1ステージは、テウニッセンとサガンとの壮絶なスプリント勝負に惜しくも破れた、カレブ・ユアン(LTS)与えられます。

 

 

敢闘賞 

この日最も活躍した選手に与えられる、ドサール・ルージュ。 

 

今回は、中間スプリント後にたった1人で逃げ続けた、ステファヌ・ロセット(COF)に与えられます。 

 

 

総評

初日から落車もあり、予想に反して動きのあるレースでした。

フグルサングの怪我が、軽いことを願うばかりです。

 

スプリント勝負は、まさかの大金星テウッセン

フルーネウェーヘンの敵を自ら討ってくれました。 

 

今回は、スプリントステージでしたが、明日はTTTです。

今日以上のタイム差が付くかもしれません。

 

明日のステージの解説はこちらから↓

www.settsuxan.com

 

↓ よかったらクリックしてね 

にほんブログ村 自転車ブログへ