Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

いよいよ本格山岳ステージ!ツール・ド・フランス第6ステージ概要&注目選手

第4ステージは、マイヨジョーヌの牽引もあり、ヴィヴィアーニがステージ優勝。チームの勝利と言って良いかもしれません。

 

今回紹介する、第6ステージはきつい山岳が待ち受けています。

 

 

エディ・メルクス初勝利の地

f:id:settuxan:20190707210415j:plain

今日から本番のステージ。

 

スプリンターはもちろん、パンチャーですら生き残れることができないかもしれません。

 

第6ステージのコース概要 

第6ステージは、ミュールーズ~ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユまでの160.5km

 

距離は短いですが、その分過酷な山岳が待っています。 

f:id:settuxan:20190710234715j:plain

画像を見て分かる通り、山岳はかなりの勾配で、距離も長い

 

3級、2級山岳が2つずつ、1級山岳が3つ。

最初に来る1級山岳は、平均勾配は5.4%と低めですが、距離が10.8kmもあります。

 

直後に来る、3級山岳は、距離は1.3kmと短いですが、平均勾配9%の激坂です。

 

第6ステージは、このように色んな種類の山岳が選手たちに牙を向いていきます。
 

スプリンターは、序盤29km地点にある、中間スプリントを取れれば御の字。

そこからはタイムアウトにならないように、気合で登るしかありません。 

 

最後の山岳は、平均勾配8.7%距離7kmの1級山岳でフィニッシュ。

 

この激坂を耐えきれた者のみ、ステージ優勝の権利を獲得できます。

 

ポイントライン 

29km地点    中間スプリント


43.5km地点   1級山岳


50.5km地点   3級山岳


74km地点      2級山岳


105km地点    1級山岳


123.5km地点    3級山岳


141.5km地点      2級山岳


160.5km地点      ゴール地点  

 

注目選手 

ペーター・サガン 

f:id:settuxan:20190708224012j:plain

流石に無理です。

 

ナイロ・キンタナ 

f:id:settuxan:20190622003618j:plain

コロンビア人のナイロ・キンタナ。

昨年は、総合表彰台こそありませんでしたが、山岳でステージ優勝をしました。

 

全盛期のキレの良いアタックが出れば、優勝できます。

 

エガン・ベルナル

f:id:settuxan:20190711000211j:plain

イネオスの頼れる新人ベルナルです。

 

22歳ながら登坂能力は、チーム1。

 

アダム・イェーツ 

f:id:settuxan:20190711000527j:plain

まだ動きを見せていない、アダム・イェーツですが、瞬間的なと反力はロードレース界随一。

 

2016年にヤングライダー賞をとった実力は出るか?

 

まとめ

いよいよここから、総合タイムが動くと思われます。

トーマス、ニバリ、ポート、バルデなどの総合エースはどう動いてくるのか。

 

しかしまだ、1週目。

ここで動きすぎて体力を消耗してしまうのも考えもの。

 

動きに注目しましょう。  

 

↓ よかったらクリックしてね 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村