Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

【ナイロ・キンタナ】ツール・ド・フランス目玉選手解説4 【村長】

ツール・ド・フランスまで後もう少し。

 

前回は、優勝候補筆頭のヴィンチェンツォ・ニバリについて解説しました。

 

今回は、こちらも優勝候補の一角、ナイロ・キンタナについて紹介していきます。

 

 

ナイロ・キンタナ 

f:id:settuxan:20190622003618j:plain


キンタナは、1990年生まれの29歳。(6年前から顔は老けています)

コロンビア出身で、使用語はスペイン語。

 

2012年からスペインのワールドチーム、モビスターに所属しています。

 

走りのタイプは、完全なクライマーで、山岳に長けているスペシャリストです。

反面タイムトライアルに弱く、大差をつけられることも少なくないです。

 

ツール・ド・フランスでは、長年フルームのライバルとして健闘し続けました。

 

グランツールでは

2014年にジロ・デ・イタリアで、コロンビア人としては初の総合優勝を成し遂げました。

2016年には、ブエルタ・ア・エスパーニャで総合優勝。

 

平坦が少なく、急勾配の山岳が多いジロやブエルタは、キンタナの最も得意とする大会です。

 

これで、全グランツール制覇までツールを残すのみとなりました。

f:id:settuxan:20190622015135j:plain
 

ツール・ド・フランスでは

2013年に初出場しましたが、23歳の若手ながら、数多くの優勝候補を凌ぐ走りで、フルームに次ぐ総合2位

 

第20ステージでは、ステージ優勝も果たし、山岳賞と新人賞を受賞し、表彰台に登りました。

 

その後も2015年には総合2位、16年は3位と表彰台に登る力はありつつも、総合優勝は取れずにいます。 

f:id:settuxan:20190622015359j:plain

 

昨年のツールでは 

モビスターは、2018ツールで思い切ったことをしました。 

 

それは、トリプルエース体制です。

 

ナイロ・キンタナ、 アレハンドロ・バルベルデ、ミケル・ランダの3人全員がエースで、大会中の状況によって最終的に誰を勝たせるかというもの。

 

結果的に言うと、これは大失敗に終わりました。

 

3人がエースということは、残り5人のアシストは、三分割されるわけです。

他のチームは1人のエースに7人のアシストがいるわけですから、アシスト力に差が出てしまいます。

 

三兎追うものは一兎も得ず、といった感じです。

f:id:settuxan:20190622015502j:plain
 

今年のツールでは 

残念ながらといって良いのか、モビスターは、今年もトリプルエース体制の戦略を取ると予定しています。

 

もちろん作戦が大ハマリすることもありますが、キンタナとしてもこの作戦は面白くないようです。

 

しかし、キンタナが総合優勝する要素はあります。

 

それは、彼が最も得意とする、標高2000m超の山岳が3つあります。 

 

キンタナはコロンビアの高地出身。

長く生活を続けてきた高地こそが、彼に向いているステージなのです。

 

キンタナの2019年は、ツールに照準を合わせています。

 

今年こそ総合優勝を飾って、史上9人目の全グランツール制覇を達成してほしいですね。

 

↓ よかったらクリックしてね 

にほんブログ村 自転車ブログへ 

 

弱虫ペダル(62) (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル(62) (少年チャンピオン・コミックス)