Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

ビョルグの死によって不安定になった選手たちにLotto Soudalが下した決断は?

ツール・ド・ポローニュ第3ステージで、ビョルグ・ランブレヒトが帰らぬ人となってしまったことで、ロードレース界に激震が走った

 

www.settsuxan.com

 

情報源:Lotto Soudal say riders will make their own decisions about continuing Tour de Pologne | Cyclingnews.com

 

第4ステージでは

f:id:settuxan:20190807134729j:plain

前日の華やかなスタートとは打って変わって、悲痛な面持ちでスタート地点についた選手たち。

 

当初、173kmのコースが設定されていたが、ビョルグに敬意を評して、一部コースをカットし順位を争わないニュートラル走行が行われた。

 

ビョルグの所属チーム、Lotto Soudalの6名を先頭にスタートし、各チームが先頭交代をしながら、35km/hほどの速度で走行。

 

そして、フィニッシュ地点では、ビョルグのゼッケンナンバー143を付けたアーチの前で1分間の黙祷が捧げられた。

f:id:settuxan:20190807134815j:plain

 

第5ステージの出走は

f:id:settuxan:20190807135155j:plain

Lotto Soudalは選手とスタッフが相談して、「第5ステージの出走は選手の自由選択とする」判断を下した。

 

その結果、今現在の時点でほとんどの選手が出走する意志を見せている。

 

"He's still one of our members," Lelangue said. "He stays as one of us, so we have to go on."

訳:彼(ビョルグ)は、まだ我々のメンバーの1人だ。我々の中であり続ける、だから続けなくてはならない。

  

 

↓ よかったらクリックしてね 

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村