Bike Life Balance

ロードレース、ライフハックなどの記事群

ツール・ド・フランスで期待以上だったチーム、期待はずれだったチームその2。

今回も、前回に引き続きツール・ド・フランスのチーム総評をしていきたい。

 

前回は、イネオス、ドゥクーニンク、モビスターを振り返った。

 

www.settsuxan.com

 

 

BORA-HANSGROHE

f:id:settuxan:20190801123222j:plain

このチームは、毎年期待以上の活躍をするね。

 

サガンの7度目のポイント賞獲得は、さすがとしか言いようがない。

正直、この流れを阻止できるのは、怪我以外ないんじゃないかと思う。

 

サガンのワンマンチームと言ってしまえばそれまでだけど、今年はそれ以外の何かを感じた。

 

特にブッフマン

サガンに多めのアシストを割いているチーム状況で、個人総合4位は結構凄いこと。

 

ツール前の目標としては、総合10位以内だったと思うから、ブッフマンの評価は爆上げだろうね。

 

TEAM JUMB-VISMA

f:id:settuxan:20190708010241j:plain

今ツールで、一番名を挙げたのはこのチームだと思う。

 

ステージ勝利4勝で、エースのクライスヴァイクは、個人総合3位

初日からマイヨ・ジョーヌを着用できたこともいい。

 

このチームほど、すべてのステージで勝利を狙えるチームはない。

 

スプリントステージでは、フルーネウェーヘン、ヴァンアールト。

山岳ステージは、クライスヴァイク、ベネット。

TTでは、元世界王者トニー・マルティン。

 

ついでに、TTTも勝つことができる。

今の所最強の布陣かもしれない。

 

ただ、総合優勝を狙うには、少しアシストの枚数が足りないか。

それにヴァンアールトの怪我も心配。

 

MICHELTON-SCOTT

f:id:settuxan:20190801123323j:plain

このチームは、ステージに関しては期待以上だったけど、総合という面では期待ハズレもいいところ

 

ステージ優勝は、サイモン・イェーツが2回、インピーとトレンティンが1回ずつと、めちゃいい結果。

 

その反面、総合エースのアダム・イェーツは、個人総合29位と大ブレーキ。

 

2016年は、ヤングライダー賞を取る走りを見せた。

だが、今年はジロ・デ・イタリアに出た影響でエースから外れた、兄サイモンにも劣る走りでトップ10にも入れなかった。

 

まだ26歳の若手、1度はツールの表彰台に上がってほしい。

 

WANTY-GOBERT CYCLING TEAM

f:id:settuxan:20190801123404j:plain

成績としてはうまくいっていないが、スポンサーとしては期待以上。

 

このチームは、イネオスなどのようなワールドツアーチームではなく、プロコンチネンタルチームになる。

 

ツール・ド・フランスには、ワイルドカード枠で出場しているが、やはりワールドツアーチームと比べると、選手個の力は1回り下がっている気がする。

 

ステージ優勝者はなし、個人総合でも最高が21位。

賞金の収入だけだと赤字だろうと思う。

 

でも、多くのステージで逃げ集団に入り、映像に写っていた

 

広告効果はバッチリで、スポンサー側からしてみると、期待上の走りだったかもしれない。

 

逃げというのはこんな効果もあるんだと思い出させる走りだった。

 

 

おすすめの自転車盗難保険 

 

↓ よかったらクリックしてね 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村